« おにいちゃんのハナビ | トップページ | 誕生日占い・・・11月のあなたは? »

雷桜

Arai1

将軍の息子と山育ちの娘の恋という「身分違いの愛」を描いた雷桜を観てきました。時代劇としての評価は、同時期の「13人の刺客」のほうが高かったんですが、人が死ぬのはな~と思ってロマンチックを期待してこちらにしたのです。でも雷桜もけっこう死んだんですけどね。時代劇だからしかたないか。

Arai4

将軍の息子といっても、母は狂い死に、自分もカッとなって家来を斬りつけるなど、心の病がある斉道と、山育ちの遊とが巡り会ったのは、斉道が養生のために遊の住んでいる山に近い里に来たからでした。

Arai5

山に入ってくる村人を追い払っていた遊は天狗だと噂されていましたが、実はさらわれた斉道の家臣の妹だったのです。山で出会い闘った二人ですが、遊は里に帰ることになり、斉道とふれあううちに恋心が芽生えます。

Arai3 Arai6 Arai2 Arai8

二人で逃げようとするのですが、追ってに追われ別れる時が来てしまいました。

Arai7

18年後、紀州で藩主になった斉道は遊の兄である家臣の元で亡くなる前に、遊にあげて返された櫛を渡します。兄は遊に形見として渡すために故郷へ帰り、山へ入ろうとするその時、話しかけて来た若者がいました。

今からだと日が暮れてしまうというので炭を焼いているおなごに会いに行くと言うと、かか様のことだという若者を顔を見ると・・・斉道にそっくりだったのです・・。

ロミオとジュリエットの時代劇版ともうたわれていますが、もともと身分が違うのと、二人が死ななかったのと、女に子どもが授かったという点で、悲劇性は随分薄れているのではないかと思います。

女の身分が低くても側室として生きていけないことはないのに、山は離れられないと別れを選び、男の子を産むなんて、女からいえばハッピーエンドじゃないかと思ってしまいました。

家老役の榎本明は熱演でしたが、「悪人」の印象が強く、遊の母親役の宮崎美子は、「悪人」「おにいちゃんのハナビ」つ続けて見たばかりでまたか、と思ってしまいました。まあ、蒼井優も「おとうと」「フラワーズ」に続いて3回目、岡田君も「告白」「悪人」に続いて3回目だし、日本映画の人材の偏り?薄さ?にちと心配してしまいました。

いや、日本映画が元気だということかもしれませんね^^。

|

« おにいちゃんのハナビ | トップページ | 誕生日占い・・・11月のあなたは? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷桜:

« おにいちゃんのハナビ | トップページ | 誕生日占い・・・11月のあなたは? »