« 誕生日占い・・・10月のあなたは? | トップページ | 大奥 »

悪人

Akunin1

カナダモントリオール映画祭で主演女優賞を取った深津絵里がヒロインの「悪人」観てきました~。

原作は読んでないんですが、なんとなく暗そうな雰囲気なので、気分が落ち込んでいる時や、体調がイマイチの時はムリ・・・っていうんで、お天気もばっちり、ファーストデイで1000円の、1日に行ってきました。

思ったとおり暗かったけど、その暗さは「四月の雪」を連想させました。ま、そう思ったのは私だけでしょうけど~。監督の撮影手法が似てるのかもしれません。

妻夫木演じる祐一は、出会い系で知り合った女と会う約束をしていたのに、目の前で他の男の車に乗っていってしまった女にむかつき、後をつけたのです。

Akunin8

女は金持ちのぼんぼんの大学生の男に媚びるのですが、大学生は相手をする気になれず、夜道に女をおいてきぼりにします。それを見た祐一は、女に車に乗るよう勧めるのですが、男に振られたところを見られた女はプライドから祐一に襲われたと言ってやるとやけくそになって言うのです。

Akunin3

祐一はおもわず嘘を付くなと女のクビに手をかけて締めてしまい、女は死んでしまうのです。

家に帰った祐一に、光代というやはり出会い系で知り合った女からメールが入りました。佐賀駅で会うことになった二人は、祐一からいきなりホテルに行こうと誘い、光代は「驚きながらも承諾します。

Akunin2

お金を払おうとした祐一に、光代は本気だったからいらないと答え、去っていきます。

そんな光代に惹かれた祐一は、自分の犯した罪を告白し、自主しようとしますが、光代はさみしさに耐えられなくて一緒に逃げることに・・。

Akunin11

二人を結びつけた灯台に着いて小屋に隠れてはみたものの、お先真っ暗な状態は変わりません。祐一は追っての気配を感じ、最後に光代を殺すまねをします。クビを締めようとする祐一に警官たちがなだれ込み二人を引き離します。その手と手が無念さを感じさせるのです。

Akunin10

殺された女の

父親役の榎本明、祐一の祖母役の樹木希林ともに、熱演、名演 でした。

殺害現場で娘の亡霊に向かって頭をなでてやり、「お前は悪くないよ」という場面は泣けました~。

Akunin12

Akunin5

「告白」を観た時と同じように、原作を読んでみたいと思いました。映画はかなり省略されているので、なぜそうなったのかがわかりにくい場面がいくつかあったのです。

読んでから観るか、観てから読むか、と言いコピーが昔の角川映画にありましたが、結末をしらないほうがドキドキして観れるので、私はどちらかと言うと観てから読む派ですが、細かい部分が分からないという欠点もありますね~。

「四月の雪」のインスが、なぜ妻に浮気されるかわからんほどのいい男だったのと同様、祐一も光代も、汚くしてても美男美女で、もてない役というのがすこおしだけ説得力に欠けたかも?

Akunin7 Akunin6

|

« 誕生日占い・・・10月のあなたは? | トップページ | 大奥 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

桃佳さん~
初めてお邪魔します
「悪人」につられて出て来ました~^^

原作を読み終えたばかりなので、まだその余韻が残っています。

桃佳さんの、映画の説明がとても素晴らしくて、
その情景がよく伝わってきますです。

で、映画は見ていないので(多分観られないとおもわれ~)最後をどう締めくくったのかわかりませんが、
原作を読んで、二人の最後の言葉をどう解釈したらいいのか?です~。

それにしても、猫ちゃん、可愛いですね~

桃佳さんは映画をよくご覧になるのですね~^^
ブッキーは素敵でしたか?

投稿: ちろ | 2010年10月29日 (金) 00時17分

ちろさん、いらっしゃいませ~

お久しぶりです~。悪人、原作を読まれたんですね~。私はまだ読んでいませんです~。なんとか図書館で借りようと思ってるんですが・・。

映画は今年は本見ました。1000円で2時間別世界に連れていってくれる素敵な娯楽だと思います~。
ブッキーは暗い役だったので素敵とは・・・・。でも熱演でしたよ~。
原作での二人の最後の言葉というのはナンだったんでしょうね?
読んでみなくてはですね。

投稿: marsa | 2010年10月29日 (金) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪人:

« 誕生日占い・・・10月のあなたは? | トップページ | 大奥 »