« 誕生日占い・・・9月のあなたは? | トップページ | 香港、マカオの旅 »

瞳の奥の秘密

Ahitomi1

外国映画で日本語の題名だとなんだか嬉しいですよね~。ま、それだけでもないですが、アカデミー賞の外国映画賞を取ったアルゼンチンの映画だということで、娘と一緒に見に行きました。

去年の「スラムドッグ☆ミリオネア」なんかもそうですが、アメリカ以外を舞台にしたのは、カルチャーショックもハンパじゃなくてけっこう好きです。

物語は、裁判所を退職した男が、25年前の暴行殺人事件のことが忘れられなくて、小説にしてみようと思い立ち、その事件にかかわりのあった昔の上司を訪ねていくところから始まります。

Ahitomi8

そして、25年前の映像と、昔を振り返っている現代の二人の姿とが交互に現れるわけです。

Ahitomi6

この上司は女性で年下ですが、エリートコースで、高校しか出ていないこの主人公は愛してはいても言い出せずに別れてしまうのです。

Ahitomi11

事件は、新婚間もない新妻が、自宅で暴行のうえ殺されます。

Ahitomi9

Ahitomi12

↑映画では血にまみれた全裸が出るので、けっこうショッキングな映像です。

夫は、愛する妻を殺された怒りで犯人は死刑ではなく終身刑を望みます。妻の知り合いが犯人かもしれないと告げられた夫は、毎日駅で犯人が現れるのを待ちます。

Ahitomi4

主人公は相棒の書記と一緒に、夫の愛の深さに感心し、犯人を追いつめて捕まえます。捕まえた犯人を自白にもっていくくだりは面白かったです。

しかし、捕まった犯人は、主人公の敵役の恨みでスパイとして働かせるかわりに釈放されてしまいます。

さすがアルゼンチン!暴行殺人者が、一年もしないうちに娑婆に出てきてしまうんです!

Ahitomi7

自分と間違われた書記が殺されたのを見て、主人公は遠くへいくことになりました。

Ahitomi5

他の男と婚約している彼女に、何もいえないまま、彼は去ります。

そして25年後、上司と話し合っているうちにある疑問に囚われ、彼は夫のところを訪ねるのです。

Ahitomi10

銀行員だった彼は、転勤先でずっと一人暮らしでした。いまだに亡き妻を愛しているような夫に、彼はある疑問を感じ・・・

衝撃的な事実が浮かび上がります・・・。

そして、彼はもう一度、かっての上司にやり直したいと申し出るのでした・・・

う~~ん、愛について深く考えさせられます~。外国人の愛って粘っこいんだな~。あきらめるってことを知らない。

瞳は雄弁に心の中を語るのですね~。

|

« 誕生日占い・・・9月のあなたは? | トップページ | 香港、マカオの旅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瞳の奥の秘密:

« 誕生日占い・・・9月のあなたは? | トップページ | 香港、マカオの旅 »