« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

アリエッティvsトイストーリー3

Ari1

               vs

To1

いえ、vsとは言っても、一週間のうちに続けて見たということで並べてみただけなんですけど

日本を代表するジブリとアメリカ代表ディズニー

どちらが面白いとかではなく、実にそれぞれのお国柄が出ているアニメでしたね~。

Ari2

アリエッティのほうは、ジブリならではの細部にわたる背景などの絵と色彩の美しさはさすがです。

Ari4

↑お母さんの声が大竹しのぶだったんだけど、見た目がちょっと老けてて可愛いアリエッティのおかあさんぽくなかった。いつもは声優をあまり意識しないんだけど

Ari5

Ari6

上から、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林ですが、藤原竜也以外は顔が浮かんできましたね~。

わかりやすく面白い流れで楽しめましたが、ちょっと短かったのかあっけない終わりでしたね。将の手術はどうだったんだろう?アリエッティたちは新しいすみかが見つかったのかな?と気にしてしまいました

いっぽう、トイストーリーのほうは、かわいがってくれた人間との別れ、仲間との別れ

To6

To2

新しい場所が実はとんでもない環境だったこと

To3

To9

かわいがってくれたアンディと違って、保育園のリトルモンスターたちはやりたい放題、でも捕まってだしてもらえない。

To10

それを知ったウッディが助けにきてくれて、みんなで力を合わせて脱出。悪者をやっつけるという王道のストーリー。

To8

実は、1,2を見てなかったんでキャラクターの性格なんかもいまいちわかっていなかったんですが、けっこう3だけでもおもしろかったです。

アリエッティは女の子、トイストーリーのほうは男の子向きと決めつけてはいけませんが、お国柄とともに、そんな感じもしました。まあ両方見ても損はありませんよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Flowers

Flow1

[告白]という、ちょっと重い内容の映画の後は、癒し系だなと思って6人の女優の競演「Flowers」を見てきました。平日だったんで、ひょっとして一人かも?と思いましたが、他にも2人いたのでホットしましたです~

見て良かったランキングも3~5位といいところにつけていましたが、5段階評価は1から5まで割れていました。ちなみに私は3.5というところでしょうか。

Flow2

TVCMで↑の6人が出てきますが、どういった関係かまではわかりませんよね?昭和から平成にかけての女の物語なんだろうな~ということくらいかな。

簡単に言うと、蒼井優がおばあちゃんで、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵がその娘、鈴木京香と広末涼子が仲間由紀恵の娘で蒼井優の孫になるんですね~。

Flow3

蒼井優は、私の母より10歳ばかり上で、広末が私の娘と同じくらいということもあり、自分自身と重ね合わせて見たりしましたが、こんなに美人ばかりでは現実味がないかも??

蒼井優が、顔も知らない相手との結婚に疑問を感じて、結婚式直前に家から走って逃げ出す場面があるんですが、角隠しをつけた白無垢姿で走る、走る・・・そんなに走っちゃあ着崩れてしまう~~なんて心配しつつもその走力に感心してました。

後を追ってきた母親(真野響子)に諭されて結局は戻り、婚家へと嫁ぐんですが、その相手を見たとたん安堵の表情になったのは女ならわかりますよね~。夫になるひとは三浦貴大で「大切にします」なんて言ってくれるんだもんね~。

竹内結子は幸せな結婚をしたんだけどだんなさんが事故で亡くなってしまった未亡人、田中麗奈は腰掛けOLが普通だった時代に、結婚だけが幸せかと悩む編集者、仲間由紀恵は、身体が弱いのに二人目の子どもを産もうとしてなくなってしまう母親という役でした。

それが昭和の40年代の話。そして、鈴木京香と広末が現代というわけです。

蒼井優の父親役の塩見三省、仲間由紀恵の夫役のイノッチ、平田満など男性陣もいい味出していて見応えありますです。

日本映画らしい、説明があまりない画面で見せる映画ですが、女優のファンの方はもちろん、そうでない方も見て良かったな~とほのぼの思える映画ではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »